水道の修理を始める前の初期対応

水道の修理を行う場合、自分で対処するだけではなく、業者に依頼する場合でも初期対応が欠かせません。その後に対応方法を考えますが、まずは被害の拡散を食い止めることが必要です。

■トラブルが起きたら止水栓を閉める

トラブルが起きたときにまず確認しなければいけないのは、水が流れてくる状況です。水道は、圧力をかけて水を送りだしているため、わずかな隙間からでも漏れだしてきます。その水を止めなければ、水道代もかかりますし、他のところに流れ込む危険性も考えられます。
トラブルが起きたときには、まずは水の供給を止めなければいけません。水回りの設備の中でトラブルが起きたときには、止水栓を閉めます。水道管に対して取り付けられていますが、止水栓を閉めれば水は流れてきません。しかし、止水栓があっても、簡単に閉まるとは限りません。マイナスドライバーを使うというのが一般的ですが、固着して回らないこともあります。

■家庭の水の供給の元になる元栓を閉める

止水栓を閉めれば対応も進みますが、設備によっては取り付けられていない場合もあります。閉まらないときも同じですが、このままでは被害も広がりますし、修理もできません。そこで、家庭に引き込まれている水道の大本になる元栓を閉める方法があります。元栓を閉めてしまえば、止水栓が閉まらなくても問題ありません。すべての水の供給が止まるため、他の水回りでも水は使えなくなりますが、作業は安心して行えます。
水を止めてしまえば、修理まで落ち着いて待つことができます。流れた水の掃除もできるため、必ず行わなければいけません。

■まとめ
水回りの設備でのトラブルは、まずは水栓を閉めることが求められます。専門業者に連絡した場合でも指示されるため、普段からどこにあるのか確認し、閉められるかどうかも見ておけば慌てずに対処できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ