水道の修理の中でも簡単にできる蛇口のパッキン交換

水道には、蛇口が取り付けられます。水の圧力に負けずに流れを止めるほか、必要とする水量に調節することが大切な機能です。消耗品も含まれているため、メンテナンスをきちんとする必要があります。

■消耗品で交換が必要なパッキン

水道の修理の中でも自分で直せるといわれるのが蛇口ですが、構造が複雑です。その分だけ水漏れなどのリスクが生まれてきます。部品も傷みますし、経年劣化からも逃れられません。
蛇口は、普段から目にする部分です。水を使うためには、調節機能を持つ蛇口が付いていますが、水漏れを防ぐためにパッキンを必要とします。パッキンは弾力性のあるゴムでできていますが、水に触れている間に変質して硬化しはじめ劣化します。だんだんと隙間を埋めることができなくなり、機能を果たせなくなるため、パッキン交換というメンテナンスが必要です。

■解体は一般的な道具で

水道に使われるパーツの中でも、簡単に解体しやすいことから、自分で修理できることもあります。モンキーレンチやマイナスドライバーというほかにも使い道がある道具で解体できます。止水栓を閉めておけば被害を抑えることができ、その間にパッキンなどを買いに行くこともできるのが大きな特徴です。
ほかの部分から漏れてきているときに、悠長に部品を購入している時間はほとんどありません。蛇口の場合は、止水栓を閉めて使わなければトラブルの拡大を抑えられます。わずかな漏れが見えたときに迅速に対処すれば解消できます。

■まとめ
蛇口の場合、構造が複雑といえども水回りの設備としてみた場合の話であり、修理するのに複雑というわけではありません。ゴムのパッキンが固着していたとしても、マイナスドライバーで外すことができます。組み立ても元のように戻すだけですので、蛇口から漏れてきている状況は自分で直してみるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ