水道の修理にかかる道具や部品の費用と専門業者

修理をする場合、自分で直すと経済的に負担が少ないです。ただし、だれでもできることではありません。水道管に関するトラブルは、自分で直すよりも専門業者に依頼した方が確実で安心です。

■修理に必要な道具

水道修理には、さまざまな道具が必要です。日常的に使うものもありますが、中には専用の道具が必要です。一般的に使われるものはドライバーです。マイナスドライバーが基本ですが、プラスを使わなければいけないケースもあります。プラスのネジをマイナスドライバーで回すこともできますが、合わないサイズで代用するとねじ山を潰すこともあるため、サイズがあったものを使うのが大切です。
モンキーレンチも用意しておけば、修理に使えます。スパナの代わりになり、サイズもある程度自由に変えられますが、使い方を正しくしないと、ナットを傷める危険性の高い道具です。できることならサイズの合ったものを用意するべきでしょう。

■部品を購入しておかなければいけない

特殊な道具としては、パイプレンチなども使います。水道の配管などには、パイプレンチがあれば便利です。
交換する部品については、ホームセンターなどで簡単に手に入るものも出てきました。パッキンなども品ぞろえ次第ですが、困ることはほとんどありません。インターネットで購入する方法もあります。しかし、自分で修理するためには、先に購入しておかなければいけません。用意するまでに時間も労力もかかるのはデメリットです。
専門業者であれば、修理の道具や部品はすべてそろえています。自分たちはその費用を支払うだけで済みますので効率的です。

■まとめ
水回りに関しては、確実に修理することが大切です。症状を解決するだけでなく、設備として使えるようにしなくてはいけません。時間をかけても自然に直ることはありませんので、決断は早めにしなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ