洗面台にも使われる水道の修理

水道の修理箇所として出てくるのは、すべて使用頻度の高い場所ではありません。洗面所は、使用する水量は他の水回りに比べて少ないです。清潔にしておきたい環境ですから、排水などのチェックはしなければいけません。

■蛇口はチェック対象

洗面台で起きる水道のトラブルとしては、キッチンなどと同様に蛇口からの水漏れがあります。使用頻度がそこまで高くないため、頻繁にパッキンを交換する必要はありませんが、経年劣化は同じように進むため、チェックを欠かさないことが大切です。
使用頻度がそこまで高くないことで、わずかに漏れていることに気がつかないことがあります。はっきりと漏れていることが分かれば対処ができても、わずかな変化は見逃す場合もあります。洗面台の蛇口からわずかでも濡れているのを見つけたときには、早めにパッキンを交換しましょう。部品を購入しておけば、すぐに対処できます。

■排水管の状態もチェックしておく

洗面台では、排水部分にも注目する必要があります。顔を洗い、髪を整える場所で、異物が流れることもあるからです。排水管が詰まると、修理しなければいけません。
水漏れが起こる場合もあります。洗面台の下部を見ると、排水管が繋がっているはずですが、濡れている跡を見つけたときには、対処しなければいけません。
パイプのつなぎ目などに問題がある場合もありますし、ナットなどの緩みで漏れることもあります。手で触って分かる場合もありますが、ここでもパッキンが使われていることを忘れてはいけません。パイプのつなぎ目に使われている場合もあるため、交換してみると良いでしょう。

■まとめ
洗面台は、どうしても見逃す部分です。しかし、毎日帰ってきて手を洗い、汚れを落としたりします。髪の毛が流れる可能性も高いため、排水管に対する負担は大きいです。毎日見なくても、定期的に点検をしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ